イメージ画像

篆刻について

篆刻は、2006年より牛窪梧十先生の下で金文と併せて学び始めました。

自分自身の作品に合った印が欲しい、との気持ちがきっかけとなり篆刻を始めたのですが、徐々に、お教室の生徒の皆さん、水墨画の先生や日本画家の方などからも作成を依頼されるようになり、今日に至っています。

それでも、篆刻も金文も相当奥が深く、まだまだ修行中の身として習得すべく励んでいるところでもあります。

 

このページの先頭へ

お教室日程詳細はこちら→