オンライン講座『凌雲』2024年4号 草書・隷書

次に草書です。本年度の課題も引き続き『書譜』のようですので、続けていらっしゃる方は、今まで学んだ筆使いを活かし、初めて取り組まれる方は、ゆったりとした筆使いを味わいながら、課題に取り組んでください。

次に隷書です。本年度の課題は「礼器碑」の中の2文字「百王」です。隷書の基本的な動作をしっかり学ぶのに良い課題ですので、隷書をまだ書いたことがない方も是非、チャレンジしてみて下さい。