イメージ画像

インテリア書展 2016

インテリア書展2016

2015年11月15日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

【Tokyo書2016】 のご案内

【Tokyo書2016】展が下記日程で開催予定です。

会期 : 2015年1月4日(月曜日)から1月16日(土曜日)まで
場所 : 東京都美術館

私は、縦270cm✕横380cmの作品を出品予定です。
詳細は後ほど。

お時間あるかた、是非ご高覧下さい。

 

Tokyo書2016 表紙Tokyo書2016

 

2015年11月15日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

年賀状講習会のご案内

今日は、年賀状講習会のお知らせです。
例年好評の、“年賀状作成”一日講習会を今年も企画します。

来年の干支である「申」「猿」「さる」を薄墨で書きます。
濃墨で新年のご挨拶を書き添えます。
貴方だけのオリジナル年賀状を一緒に作りましょう。

年賀状講習(H27)

 日時

11月18日(水) 13:00~14:50
12月7日(月) 13:00~14:50

 場所:  日本橋小津文化教室
 講習料: ¥3,000(教材費込み)

2015年11月8日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

現日会女流書展無事終了致しました

ご報告が遅くなりましたが、東京銀座の鳩居堂で開催された現日会女流書展が先週日曜日(4月13日)無事に終了致しました。
お忙しい中、ご来場、ご高覧いただきました皆様、心より御礼申しあげます。
遅ればせながら、出品作品のご案内です。

会場は、狭いながらも銀座四丁目、多くの皆様のご来場がありました。

46名の女性の展覧会ですので、作品は35cm✕35cmの小さな作品に仕上げるというお約束がありました。

私は、昨年2月に一緒に展覧会をさせていただきました紙漉職人の新井悦美さんの手漉き和紙に書きまました。新井さんの和紙を手に取ると、この和紙は、こんな文字が書いてみたい、こんな風景を詩にしてみたい、、、いろいろなイメージが膨らんできます。

今回は、現日会春季展に引き続きまして、昨年夏に訪れた穂高での登山日記『穂高にて』を作品に仕上げました。

和紙に作品を書くことは本当に気持ちの良いものです。
そして、無理なく、自然に言葉が出てきます。
『穂高にて』は、淡墨で、けれども滲みではなく、墨量による色の濃淡や、筆圧による線の強弱の表現が出来たのではないかと思っております。

DSC_0012

DSC_0021

DSC_0025

DSC_0013

2014年4月20日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

第54回現日春季書展

いよいよ現日春期書展が始まりました。

場所はいつもの国立新美術館です。
2014現日春期展122014現日春期展

 


出品表には、『雲海』と書いて提出。縦240cm✕横90cmの縦長の作品です。
今回は、多字数でいくことに決めました。内容は、登山日記です。

登山が趣味の私は、題材に山の景色や、山で感じたことを詩に託し、作品にしてきました。今までは、家に飾れるような小さな作品が主でしたが、今回初めて、比較的大きな作品に登山日記を書きました。

現日春期展は2月19日(水)から3月3日(月)までとなっています。
お時間あれば、是非お越し下さい。
 

2014年2月23日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

第54回現日春季書展陳列のお仕事をしてきました

昨日は、六本木にある国立新美術館に行ってきました。

本日2月19日水曜日から3月3日月曜日まで開催の第54回現日春季書展の陳列のお仕事でした。

朝9時30分集合。広々として明るい会場は、がらんと殺風景です。

2014現日春季展 準備1

お昼休みを挟んで、午後2時半頃までで展示作業は終わり、会場は様々な作品が並びました。

2014現日春季展 準備2

私の作品は第1室に展示していただきまました。 以前お伝え致しましたように、今回の作品は「登山日記」を書きました。

早朝の槍ヶ岳から見下ろした雲海を詩に託しました。

お時間ある方、是非ご高覧下さい。

2014年2月19日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

第27回和紙文化研究会2014年1月例会

1月18日(土)に、和紙文化研究会の例会に参加させていただきましたので、その簡単なご報告です。

和紙文化研究会の会員日野楠雄さんの講演『和紙と墨色』の第二部で、『和紙は書芸術に向くのか』のテーマで発言、そして実演をさせていただきました。

小津和紙に勤め始めて5年半になります。
もともとは現在も続けています小津文化教室の書道講師をしていた関係で、小津和紙に勤めることになったのですが、それまでは、『和紙』の存在に特別な感情はありませんでした。
でも、ご縁あって、せっかく『和紙』の近くに居るのだから、和紙を知り、和紙に書いてみよう!という思いが強くなりました。

そんな思いから、ここ数年、和紙に書く作品を制作し、発表してきました。
作品作りで感じたこと、書家仲間の反応など、いろいろありました。
今回は、書家として、和紙をどのように使い、その結果、どんな表現ができて、どんな効果があるか?を今までに発表した作品を例にお話させていただきました。

和紙文化研究会

また、その後、様々な和紙に書くという実演を致しました。
もちろん、一般的に書道家が使っている紙は、和紙ではなく、画仙紙という紙ですので、とりわけ淡墨における滲みにおいては、その表れ方は不思議なものですが、私は、それが実に面白いと感じていますので、そのあたりのお話もさせていただきました。

お話させていただきながら、和紙文化研究会の方々のご意見をたくさん伺いました。
私ができることは、和紙に書くことは、とても心地よいことであり、画仙紙に書くのとは全く違う表現が出来るということを作品の発表を通じて、書家仲間や、私の生徒さん、子供たちに知っていただくことだということを改めて実感いたしました。

私自身、手漉き和紙の一点ものの素晴らしさ、美しさ、不思議さ、新しさ、、、などなど、語りつくせないものを感じています。
今後も、和紙に書く作品を発表してまいります。

2014年1月21日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

かしごころ(和心) その3(動画)

動画もアップしましたので、よろしければご覧下さい。

YouTube Preview Image
 
YouTube Preview Image

 

過去ブログはこちら。

その1 : イベント紹介について

その2 : イベント全体概要

 

2014年1月11日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

かしごころ(和心) その2

2014年がスタートいたしました。
のんびりしていると、あれよあれよと時が経ちます。
遅くなりましたが、昨年10月27日に開催の、柏での『アートライン柏~かしごころ(和心)~』イベント参加のご報告です。

今回の、~かしごころ(和心)~への参加は、アートライン柏の実行委員でもあり、日本画家の福永明子さんからのお誘いによるものでした。
福永さんとは、私の書道、仕事の本拠地でもある、日本橋にまるわる様々のイベントで、おつきあいさせていただいています。
書道関係の人以外の方とのコラボレーションは、何度かやらせていただいておりますが、今回のイベントは、屋外での一日限りの、しかもとても大きな作品を書く!というので、不安半分、でも興味も半分で、即答OK!致しました。
私は、Arisaさんという20代の声と太鼓で表現する女性とのコラボが決まりました。
一度もお目にかかったことのない人だけど大丈夫かな?打ち合わせ無くてよいのかな?
なんとかなるか!などと呑気に構えていました。

とはいうものの、日にちが迫ってくると、屋外で一発書き、破れない紙を用意しなくては! 筆も以前は2本だったけど、大きいのが1本のほうが迫力がある! 墨はどうしよう? 淡墨が乾くのを待っていられないから、濃墨でいこう! アシスタントを何人お願いしたら良いだろう? 観客に墨はねしないように、段ボールの板を用意しなくちゃ! お天気は大丈夫なのだろうか?などなど、いろいろな心配事が頭をよぎりました。

あまり人に甘えることが出来ない私なのですが、今回ばかりは、思い切って私のお教室の生徒さん達に<アートライン柏~かしごころ(和心)~参加が決まりました。ボランティアしていただける方を募集いたします>と、小さなお手紙をお渡し致しました。
すると、沢山の方から、『先生、お手伝いさせて下さい!』のお声をいただきました。
お休みの日にも関わらず、墨だらけになってバケツ持ちをしていただいたり、段ボール板を壁にしていただいたり、撮影していただいたり、紙貼りや筆洗いや、お片付け、、、本当に、皆様にお手伝いいただいたお陰で、イベントに参加できました。
この場をお借り致しまして、皆様、本当にありがとうございました。

さて、私の書いた文字ですが、、、
今回のイベントのテーマでもある~かしごころ(和心)~の、『和』の文字と、コラボさせていただいたArisaさんが、プリミティブな音楽を奏でるとのコメントを書いていらっしゃったのを読んで、これは私のテーマ文字でもある『森羅万象~この世の中のもの全てに感謝~』を選びました。
 
最初に2m✕2mの『和』1文字。
今回新調した大筆、初めて使ったこともあり、思ったよりも筆が広がらず、苦労致しました。
かしごころ(和)4

この投稿の続きを読む »

2014年1月10日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

かしごころ (和心)

絵・音楽・書・舞
それぞれの表現者達による、コラボレーション。

今回は、日本画家の福永明子さんにお声掛けいただきました。
2013年10月27日(日)14:00~17:00
柏駅東口VAT館前ファミリ広場ウッドデッキにて開催のイベント
~かしごころ(和心)~
に参加いたします。
私は、Arisaさんという20代の歌手?声楽家?ダンサー?と、コラボさせていただきます。
書と音楽、、、
とりあえず大きな文字を書く予定にしております。
どんなことになるのでしょうか?
私の生徒さんにもお手伝いいただきます(墨の入った大きなバケツを持って動き回っていただいたり、文鎮代わりに紙の上に乗っていただいたり、、、)。
お時間ある方、お近くにお越しの方、ぜひお運び下さい。

 

かしごころ

 

2013年10月16日 |

カテゴリー:展覧会・イベント

このページの先頭へ

お教室日程詳細はこちら→